自転車専用コーティング剤
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

MOVIE

自転車専用コーティング剤 ハドラスを動画でご紹介します。


自転車専用コーティング剤を開発!

コーティング膜厚
わずか数μmに各種効果を搭載

Feature

ハドラスの特徴


無⾊透明・⾼純度・超薄膜ガラス膜を形成!

※東京都立産業技術研究センターで確認を行なっております。

before

after

COMPARISON

他社製品との比較


圧倒的なパフォーマンスを発揮!

HardoLass
for Bicycle
ガラス系 フッ素樹脂系 樹脂ポリマー DIYガラス系
表面硬度 × ×
透明性
防汚性 ×
耐候性
防錆性 ×

比較テスト

錆の比較

半分はハドラスコーティング、もう半分は何もしていない鉄板を⽤意しました。塩⽔に⼊れ2⽇経ったものを引き上げ錆の付着について検証しました。

撥水比較

実際の⾃転⾞⾞体でのテストを⾏いました。ハドラスコーティングをしている部分としていない部分へ⾊⽔、⽔道⽔をかけて汚れ落ちの検証をしました。

CONSTRUCTION

施工について


⾃転⾞専⽤に開発。

主な施⼯可能な部位

フレーム シートポスト
シフトレバー フロントフォーク
ハンドル サドル
スポーク ディレーラー
ディスクブレーキキャリパー(外装) ホイール(ブレーキシュー接触箇所を除く)

施⼯不可な部位

チェーン タイヤ

素材比較

グロス面への施工

ハドラスコーティングはグロス⾯の輝きを増⼤させます。グロス⾯への施⼯でより輝きを実感いただけます。塗装本来の持つ深い⾊合いを引き出します。

マット面への施工

マット⾯への施⾏においては、マットがグロス化することなく、マット本来の質感を維持し、しっとりとしたマットの質感に。

Q&A

よくある質問

他のコーティング剤との違いは?
一般的なコーティング剤は樹脂などの厚みがあり柔らかい成分を使用していることが多いです。
ハドラスはナノレベルの「超薄膜」な「ガラス」になるコーティング剤のため、マシン本来の美しさを保ちつつ外的ダメージから守ります。
研究・開発は東京都立産業技術研究センターで行っている他、早稲田大学、東北大学などとも産学連携で行なっております。
ガラス膜が出来上がるメカニズムは?
ハドラスの液剤を塗り込むことで、空気中の水分と反応し、シリカガラスを形成するメカニズムを応用しています。
他にはどのような業界で使われているのか?
ゴルフ業界ではNo1のコーティング件数を誇り、スマートフォンのコーティング剤にも採用されるなど幅広い用途で導入されています。特にスポーツ業界において非常にご好評をいただいておりますため、今回自転車向けのハドラスを開発致しました。また産業用途でも数多くの実績がございます。
ガラスは割れるのではないか?
厚いガラスは割れるイメージがおありかと思いますが、ハドラスは素材に密着し、ナノレベルの超薄膜でありますため動きに追従し、割れることはありません。
施工店と取扱店の違いは?
認定施工店は直接ハドラスの液剤を扱っていただき施工を行う店舗、取扱店はハドラスの施工は扱わずコーティングをしたいお客様を受け付けて頂く店舗となります。
ハドラスはどのくらい持つのか?
耐候性試験では5年保持の結果が出ていますが、メンテナンスを考え、1〜2年に一度の施工をお勧めしております。
ハドラスがしてあれば絶対に傷がつかないのか?
表面の硬度は向上しますので傷がつきにくくなりますが、絶対に傷がつかないということではございません。
ハドラスをしたマシンのお手入れはどのようにしたら良いか?
ハドラスを施工することで、傷もつきにくく汚れにくくなりメンテナンスは容易になりますが、気になる場合は水で軽く拭いて頂くだけで綺麗になります。頑固な汚れなどの場合は、通常通り洗剤等を使用頂いても問題ありません。
ハドるとは?
ハドラスコーティングをすることを「ハドる」といいます。

CONTACT

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら